現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > ソン・スンホン、『師任堂』イ・ヨンエに「20年間忘れたことはない」告白

ソン・スンホン、『師任堂』イ・ヨンエに「20年間忘れたことはない」告白

激安海外ドラマ / 2017-02-10
[] [] []
ソン・スンホンが師任堂への心を告白した。 
 
9日放送されたSBSの水木ドラマ『師任堂(サイムダン)、色の日記』第6話では、師任堂(イ・ヨンエ)を訪ねてきたイ・ギョム(ソン・スンホン)の姿が描かれた。
 
この日イ・ギョムは師任堂を訪ねてきて「どうしてこんなことができるんだ。あんなふうに行ってしまったんだから幸せに暮らしててほしかった。別れにも礼儀というものがあるんです。一生を共にしようと約束した仲だった。どうして弁解もなく他の人の女になることができるのか」と、怒った。
 
これに対し師任堂は「みんなつまらないことだ。今になってこうしても何が変わるのか」と言ったが、イ・ギョムは「つまらないこと? 私は20年間ただ一瞬間も忘れたことなかったです。私たちの間にあった多くの時間、思い出、約束を」と、しながらどんなことをしても師任堂を忘れることができなかったと告白した。 
 
だが、師任堂は「本当に私が大変だったこと何かわかるの。20年前、私があれほど愛した才気あふれる少年はもう永遠に消えてなくなってしまったようだ」としながら「境遇が無人境といわれたか。今私の目にはあなたがちょうどそんなふうに見える」と、一喝した。
 
一方、10日視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、前日放送された『師任堂』第6話は全国基準12.0%の視聴率を記録した。